アフィカス…それはアフィリエイターをディスる言葉。

 

最初に断っておくが、俺もアフィリエイターだ(笑

 

専業をやっていてつくづく思うが、アフィリエイトをやっていて綺麗に仕事を出来る訳がない。

あんまり良くない案件のメリット・デメリットを上げつつも、最終的には読者に購入させるように誘導して書く。

これはどのアフィリエイターも経験してると思う。だって、こう言う風に書かないと稼げないからねw

 

自分が試してもない、あんまり知りもしないモノを金の為に紹介する。

全部の案件をこういう手法で紹介してるって人は少ないかもしれないけど、アフィリエイターの誰もがやったことはあると思う。

 

俺から言わせれば、そんなことを平気で出来る奴の9割は性格が悪いと言わざるおえない。

 

これはアフィリエイター以外でも、仲介業をしてる奴の殆どが性格悪いと断言出来る。

不動産屋、転職支援屋、スカウトマン…などなど。

 

自分が本当に自信を持ってオススメ出来る訳でもないモノを不特定多数の人に勧めるなんて、普通に考えたら性格悪いよね。

 

そして大抵のアフィリエイターは無責任な性格をしている。

 

他人がどうなろうと知ったこっちゃないんだ。自由に生活出来れば商品受け取った奴のその後なんて知らねーよ!って感じだな。

 

プライバシーポリシーには、「このブログで紹介してる商品を使って何か起きてもそれは買った人の自己責任です。私は一切責任とりませんよ」なんて書いてる。

 

ブログにはご丁寧にわかりにくく書いてあるが、それは馬鹿にそう思わせないタメだw

 

モノ紹介してる癖に、そりゃ無責任だよねって思う。

 

でもそうしないと稼げないし、そういう社会だよね

でもさ、資本主義の社会でお金を稼ぐには、

ある程度汚いことをやらないといけないのは仕方ないんだ。

 

例えば不動産屋の殆どが売れない物件を情弱にさぞ良い風に言って契約させる訳だけど、

それ本当に住む人のこと考えてる?って言いたいわなw

 

仕事でさ、生産者と消費者の関係が本当の意味でwin-winなんて中々ねえよな。

一見win-winに見えるけど、

大抵は生産者が消費者を洗脳してwin-winに見せかけてるんだ。

 

だから消費者も騙されてることに気づかない。特に子供の消費者はそう。大人になって、

あーこれってこういう意図があったから売ってたんだ~」って気づく。

 

本当に綺麗に生きたいなら、ボランティアするしかねえな。

でもそれじゃ稼げないどころか生きていけるか分からんよ?

 

この国で本当の意味で綺麗に仕事するのは無理だろう。

そもそも「仕事」してる時点でね。

 

最後に

まぁこの記事をシェアする時に「これは違うだろ」って書く人、出てくるかもしれないけど、それは自分の周りに利害関係者がいるからなんだよね。本音はこっちなんだよね。