TwitterやInstagram、ミクチャやツイキャスといったSNSを利用し、集客してアフィリエイト(アプリやダイエット商品のステマ)を行いボロ儲けするインフルエンサーが増えてきている。

影響力が出てきたインフルエンサーは宣伝に使える為、ASP業者がこぞってステマを依頼する。個人で活動してる奴は基本的に馬鹿が多いし、安く使えるという理由から、大抵足元を見られ、低い金額で交渉される。

興味深い資料として、毒舌系インフルエンサーの妹尾ユウカが業者から来たメールをTwitter上で暴露。

a8net

この依頼が来た頃、妹尾ユウカのフォロワーは3万人ほどだった。

上記のURLからステマ商品はジャムウソープという石鹸だとわかるが、妹尾ユウカには3万のファンがいるのに一記事2万でステマを依頼してくるのだ。どんだけ足元見てるねん。

事務所やASP業者の存在

Twitterやインスタで活動しているインフルエンサーを束ねる事務所が登場してきた。大関れいか、あつぼーと言ったインフルエンサーが所属する「GROVE」はその代表だろう。他にも、読者モデルでありながらSNSマーケティングを得意とするLEXINGTONがある。ここはこんどうようぢやとまんなどを抱えており、メディアとのコネが強いためよくテレビに出ている。

 

んで、所属してるこいつらは自分が宣伝してる商品の仲介料を事務所に多くピンハネされてることを知らないケースが多い。インフルエンサーは10代が中心で若い為、自分に得する選択を選ぶことが苦手なのだ。

 

そこに目を付ける事務所は凄いと思う。

で、こいつらインフルエンサーにありがちなのは「炎上」だ。

SNSは自分を広めるのに有効だが、かえってそれは悪評も広まるというデメリットもあるから、炎上しやすいのだ。

で、最近この炎上で可哀想に思えるのが、炎上の根本的な原因が「事務所」の場合だ。

例えば最近多い、Twitterやミクチャでファンを増やし、客(フォロワー)をクルーズブログに誘導して、ブログ上でダイエット商品や化粧品をステマする行為。

ステマが発覚すると叩かれがちなのはインフルエンサーだが、実際裏で紹介料をピンはねしてるのは事務所だということを忘れてはならない。

 

個人でやってれば話しは別だけど、大抵は裏で事務所とASP業者が手を組んでる。

最近よく見るステマ商品は、「ハニーココ」「どろあわわ」などだ。

読者は10代の若いガキばっかりなので、自分の好きな人が紹介してたらころっと騙されて買ってしまう。実際、ステマに使われてる文章はコピーライティングに長けてる業者が書いたものであって本人が書いた訳ではない(ただし、記事中の画像は本人のもの)

 

クルーズブログの場合は恐らくクルーズも組んでるだろう。つまり、裏で仕組んだ奴らは美味しい思いをしてるのに、表で頑張ってるインフルエンサーが叩かれる。

 

俺はこういう状況が嫌いだ

仕組みを作った悪の根源が叩かれるべきなのに、なんで頑張ってる奴らが叩かれなきゃならんのか。

アイドルや声優など、よく炎上するジャンルの芸能人も一緒だ。

裏でボロ儲けしてる奴らがいて、よっぽど大物でない限り炎上したら知らんぷり。情弱が損する世の中なのは仕方ないけど、この状況はあまりにも理不尽だ。

 

だからインフルエンサーはもっと賢くなって、営業も自分でするべきだと思う。もしくは、少人数体制で事務所作るとかしたほうがいい。でかい事務所がなんであれだけ設備がいいか分かってるか?それだけお前らを利用して金儲けしてんだぞ。

 

技術の発達により仲介業者が減る

今後、ネットの発達により社会はどんどんグローバル化していく。そして、機械的な仕事は人工知能(AI)に奪われていくだろう。

そのうち、仲介業者に頼らない方が自分が得する社会に変わっていくだろう。ピンはね料金高いからね。

そうなった時、俺たちアフィリエイターはあぶない。

来るべき時代に備えて、自分で一から何もかも出来るように準備しておくべきだろう。